メールマーケティングの開封率を上げる16の実証済みの方法(2023年ガイド)

bloggest

メールマーケティングの開封率を上げる16の実証済みの方法(2023年ガイド)

今年のメール開封率を上げる方法を知りたいですか?お任せください。

メールの開封率は、間違いなく最も重要なメールマーケティングの指標です。結局のところ、誰もメールを開かなければ、誰もメール内のリンクをクリックしません。

業界全体の平均開封率は21%強です。もしこの基準に達していないのであれば、やるべきことがあります。

この記事では、開封率を高めることが証明されている16の方法をご紹介します。それぞれがなぜ効果的なのかを説明し、実践する方法を紹介します。

準備はいいですか?さっそく実践してみましょう。

併せて読みたい → メールマーケティング入門:完全初心者ガイド

メールサービスプロバイダをアップグレードする

メールの開封率を上げたいのであれば、まずはメール配信の改善から始めましょう。

メーラーライト ホームページ
メーラーライト ホームページ

なぜなら、もしあなたのメールがコンタクトの受信トレイに届いていなければ、購読者はメールを開封することはおろか、目にすることもないからです。

残念なことに、一部のメールサービスプロバイダーは、メール配信率が低いという厳しい事実があります。そのため、期待したほど開封されない場合は、プロバイダーが足かせになっている可能性があります。

弊社のテストでは、MailerLiteは業界トップクラスのメール配信率を提供していることが証明されています。ですから、受信者の受信箱に届くことを真剣に考えているのであれば、今こそ乗り換える時かもしれません。

MailerLiteをお勧めするいくつかの理由

スパマーを阻止するため、アカウントが審査されます。
深い機能セット。
使いやすい。
業界トップクラスのメール配信率
専用IPが利用可能
豊富な統合機能(ネイティブ+サードパーティ)。


参考:MailerLite vs ActiveCampaine

MailerLiteが合わない場合は、ベストEメールマーケティングソフトウェアをご覧ください。

メールアドレスを定期的に確認する

良いESPに乗り換えることはもちろんですが、配信率(そして開封率)を向上させるもう一つの方法は、リスト内のコンタクトを定期的に確認することです。

メールフロスホームページ
メールフロスホームページ

メール検証ツールは、リスト内のすべてのメールアドレスをチェックして本物であることを確認し、偽アドレスやスパムトラップなどを削除します。

このようにリストをクリーンに保つことで、ハードバウンスをなくすことができます。ハードバウンスが多すぎると、ブラックリストに登録され、配信に悪影響を及ぼす可能性があるため、これは重要です。

検証ツールは、頻繁にメールをスパムとしてマークするコンタクトを特定することで、スパムによる苦情を減らすのにも役立ちます。

0.1%以上のスパム苦情があると、配信可能性に直接関係する送信者評判スコアに深刻な悪影響が出るため、これも非常に重要です。

一括メール認証にはZeroBounceを、メールアドレスの自動認証にはMailflossをお勧めします。

どちらもMailerLiteやConvertKitなどの一般的なメールプロバイダと簡単に統合できます。

定期的にアクティブでない購読者を削除する

偽メールアドレスやスパムトラップのリストを削除するだけでなく、非アクティブな購読者を削除することも重要です。

ActiveCampaignホームページ
ActiveCampaignホームページ

非アクティブな購読者は、あなたのメールにもはや関与していない購読者です。開封率を下げるだけで、基本的に何の役にも立たないので、そのままにしておく意味はありません。

MailerLiteをご利用の場合、非アクティブな購読者の削除はとても簡単です。

非アクティブをクリーンアップ]をクリックし、非アクティブの購読者をどのように分類するか(過去6ヶ月/12ヶ月/24ヶ月間非アクティブのコンタクト、10通以上メールを開封していないコンタクトなど)に応じて設定を変更するだけです。

また、MailerLiteを使用しない場合は、メールマーケティングオートメーションで非アクティブ購読者を削除することもできます。

ActiveCampaignのようなメールオートメーションツールを使用すると、特定のトリガー/条件が満たされたときに自動的にリストからコンタクトを削除するワークフローを構築することができます。

例えば、購読者が3ヶ月間メールを開封しなかった場合、自動的に非アクティブとしてタグ付けするワークフローを構築することができます。

その後、別のワークフローを設定し、自動的に非アクティブの購読者を削除するか、リエンゲージメントワークフロー(ヒント13参照)に追加して、再び購読者を獲得することができます。

リスト作成時にダブルオプトインを利用する

本当はそのウェブサイトのメーリングリストに入りたくなかったり、ニュースレターを購読したくなかったにもかかわらず、ある種の無料のリードマグネットを受け取るためにウェブサイトのオプトインフォームを送信したことが何度あっただろうか?

私は数え切れないほどそうしてきた。そして今、私の受信箱は決して開かないメールでいっぱいになっている。なぜなら、そもそもメールを受け取ることに興味がなかったからだ。

開封率を最大化したいのなら、私のような購読者でいっぱいのリストはいらない。あなたが送ろうとしているものに興味を持っている人、つまりあなたのマーケティング・メッセージを受け取りたいと思っている人でいっぱいのリストが欲しいのです。

そのための最良の方法のひとつが、ダブルオプトインを使うことです。

ダブルオプトインとは、シングルオプトインのようなものですが、1つのステップが追加されます。コンタクトがフォームを送信した後、メールが送信され、そのメールを開き、リンクをクリックしてサインアップを確認する必要があります。

あなたのリストに参加したくないコンタクトは、通常そのような余計なステップを踏むことはありません。そのため、ダブルオプトインを使用することで、コンタクトの間でユーザーの高い関心を確保することができます。

その結果、開封率を最大化することができるのです。

ActiveCampaignやMailerLiteなど、ほとんどのメールマーケティングソフトウェアプロバイダーがダブルオプトインをサポートしています。クリック数回で有効にできるはずです。

適切なタイミングでメールを送信する

メールが思うように開封されない場合、送信のタイミングを間違えている可能性があります。

例えば、相手が寝ている間にメールを送った場合、相手が起きてチェックする頃には他のメールの山に埋もれてしまうでしょう。

つまり、タイミングがすべてなのです。

最新のメールマーケティング統計によると、ほとんどのマーケティング担当者は、メールを送るのに最適な曜日は火曜日、水曜日、木曜日の順だと考えているようです。

メールを送るのに最適な曜日

考えてみればよくわかることです。人々は仕事中にメールをチェックする傾向がありますが、週末の休みの間は気にしないかもしれません。つまり、週半ばが彼らに連絡を取るのに最適な時間なのだ。

時間帯に関しては、MailChimpのデータによると、午前10時がスイートスポットである。しかし、覚えておいてほしい: ただし、これは受信者のタイムゾーンで午前10時という意味であり、あなたのタイムゾーンではありません。

幸いなことに、ほとんどのメールマーケティングツールでは、受信者のタイムゾーンに合わせて配信スケジュールを設定することができます。

また、より高度なツールの中には、開封やクリックなどのキャンペーンエンゲージメント指標を追跡することで、特定のオーディエンスに最適な送信時間を割り出すことができるものもあります。

送信者名を変更する

開封率を最大化するために、多くの人が件名にこだわります。

件名は確かに最も重要な要素の1つですが、それ以上に重要な要素がもう1つあります。

Litmusの調査によると、購読者の42%がメールの差出人名で開封するかどうかを判断しているのに対し、件名で判断しているのは34%に過ぎません。

では、どのような差出人名を使えば開封率が上がるのでしょうか?

残念ながら、これに対する明確な答えはありません。私の読者には最適でも、あなたの読者にはそうではないかもしれませんし、その逆もまた然りです。

とはいえ、覚えておくべきベストプラクティスはいくつかあります。最も重要な3つの要素は、信頼性、認知度、一貫性です。

送信者名は、あなたのコンタクトが認識し、信頼できるものでなければなりません。そして、その認知度を高めるために、キャンペーン全体で一貫して使用する必要があります。

また、メールアドレスを差出人名として使用することは避けるべきです。また、特殊文字も使用しないようにしましょう。多くのユーザーは、特殊文字をスパムの赤信号と見なします。

一般的に言って、良い選択肢は3つしかありません:

  • 会社名を使う(例:BloggingWizard)
  • 個人名を使う(例:Nicola Bleu)
  • 両方を混在させる(例:ニコラ@ブロギング・ウィザード)

Support@」や「Sales@」のような一般的なアドレスを使うよりも、これらのどれかを使った方が良い結果が得られるでしょう。

私の個人的な経験では、会社名よりも個人名の方が良い結果を出す傾向がありますが、どちらが自分に合っているか自分で試してみる必要があります(この方法についてはヒント10をご覧ください)。

魅力的な件名を書く

件名は、読者にメールを開封してもらう理由を伝える唯一の機会です。

ですから当然、開封率に大きな影響を与えます。

ここで私ができる最善のアドバイスは、メールの件名を物語のフックのように扱うことです。

読者の注意を即座に引きつけ、思わず開封して中身を見たくなるようなフックにしなければなりません。

メールの件名を作るには、いくつかの方法があります。

ひとつは、件名で緊急性を演出する方法です。

特に、期間限定の割引情報が含まれている場合は、「Act fast [受信者名], time’s running out…」のようにすると効果的です。

また、「クリックベイト」件名で読者の好奇心を刺激するのも効果的です。

例えば、重大発表のメールの場合、「私たちが今何をしたのか、きっと信じてもらえないでしょう…」というような内容を書くとよいでしょう。

ただ、好奇心をかき立てるような説得力のあるクリックベイト的な件名と、欺瞞的/誤解を招くような件名は紙一重であることを覚えておいてください。その一線を越えないようにしないと、購読者を遠ざけ、スパムとしてマークされる危険性があります。

あるいは、私の個人的なお気に入りの戦略を試すこともできる: 件名を、友達と話しているような内容にするのだ。

例えば、『[名前]さん、これを気に入ってもらえるかなと思って…』とか、『これを読んであなたのことを思い出しました…』とか。

この件名が効果的な理由は、一般的に、ブランドから一度に何百人もの人に送られた一般的なマーケティングメッセージよりも、自分のことを知っている人が自分のために特別に書いたと思うメールをクリックする可能性が高いからです。

魅力的な件名を書くための最後のヒントは、特徴的な声を使うことです。受信者の受信箱の中で、あなたのメールを他の誰よりも目立たせることが目標です。

文字数を減らす

完璧な件名にするためには、文字数は多ければ多いほどいいというわけではありません。

それどころか、短い件名の方が開封率が高いという研究結果もたくさんあります。

最も重要なのは、件名全体が読者の画面に収まるようにすることです。

デスクトップでは通常60文字程度です。モバイルの場合は、30文字以下になるかもしれません。

ですから、私のアドバイスとしては、可能な限り件名を30文字以内に抑えるようにしてください。もしそれが制限になりすぎるようであれば、40~50文字がちょうど良いスイートスポットのようです。

件名をパーソナライズする

統計によると、パーソナライズされた件名を使うことで、開封率を瞬時に50%も高めることができます。

しかし、なぜかマーケティングメールの2%しかパーソナライズされていません。

多くのマーケターがパーソナライズを活用できていないという事実は、パーソナライズがいかに簡単であるかを考えると、特にクレイジーです。

最新のメールマーケティングツールでは、件名を数回クリックするだけでパーソナライズすることができます。

メール作成時に、パーソナライズしたいダイナミックフィールドを選択するだけです!これで完了です。

ダイナミックフィールドの例としては、受信者の名字、名前、居住地(都市名)、その他購読者に関するデータなどがあります。

複数のダイナミックフィールドを使って、メールを二重にパーソナライズすることもできます。

例えば、「[受信者名]に朗報です![受信者の所在地]への送料が無料になりました。

A/Bスプリットテストで最適化する

開封率を上げるためにメールを最適化することは、一度だけでできることではありません。

A/B設定
何が効果的で、何がそうでないかを確認するために、様々なことを試し、それを戦略にフィードバックする継続的なプロセスです。

そして、A/Bテストの出番です。

A/Bテストでは、AバージョンとBバージョンの2種類のメールを作成します。

それぞれのバージョンでは、件名、差出人名、プレビューテキスト、本文の内容が異なります。

そして、バージョンAを受信者の一部(例えば10%)に、バージョンBを他の受信者(例えばさらに10%)に送信するキャンペーンを実施します。

各バージョンの開封率を追跡し、最も良い結果を出したバージョンを「勝者」として選択し、残りの受信者(例えば残りの80%)に送信します。

ほとんどのメルマガソフトウェアにはA/Bテストツールが内蔵されており、クリック数回で実験を設定することができます。

例えばMailerLiteでは、新規キャンペーンを作成し、A/Bスプリットキャンペーンを選択するだけです。

そして、両方のメールを作成し、設定を変更し、テストを実行します。MailerLiteは結果をモニターし、自動的に勝利するバリエーションを選択します。

リストをセグメントする

開封率を上げるもう一つの方法は、メールのセグメンテーションです。

これは、リストを共通の特徴に基づいて、ターゲットを絞った小さなグループ(セグメント)に分けることです。

そして、そのグループごとにターゲットを絞ったメールマーケティングキャンペーンを行います。

データによると、このようなセグメント化されたメールキャンペーンは、セグメント化されていないキャンペーンよりも14%高い開封率を生み出しています(クリック数やコンバージョン数も増加)。

リストをどのようにセグメントするかはあなた次第ですが、いくつかアイデアをご紹介しましょう:

  • 購入履歴別。あなたのビジネスでたくさん買い物をしてくれるVIP顧客や、セールの時だけ購入する傾向のある顧客でセグメントを作成し、限定オファーを送る。
  • 最後の購入からの時間別。しばらく購入履歴のないメール購読者をセグメント分けし、”we miss you “メールを送信することで、購入履歴を取り戻しましょう。
  • セールスライフサイクルステージ別。ファネルの異なるステージにいる顧客に対して異なるセグメントを作成し、ターゲットを絞ったオートメーションに追加することで、より効果的にコンバージョンへと導きます。
  • デモグラフィック別。年齢層や国籍などの異なるセグメントを作成し、彼らに関連性の高いオファーやメッセージでターゲティングします。
  • 最終開封からの時間別。しばらくメールを開封していない人を集めたセグメントを作成します。

開封していない人に再送する

もし誰かがあなたのメールを開封しなかったらどうしますか?件名を変えてもう一度送ってみましょう。

単純に聞こえるかもしれませんが、この戦略の効果には驚くはずです。

開封率を30%もアップさせることができ、設定もとても簡単です。

例えば、MailerLiteを使えば、自動再送キャンペーンを作成するだけです。通常のキャンペーンと同じように、初回に開封しなかった購読者にメールを再送します。

2通目のメールでは、変更したい内容を選ぶことができます。件名を変えたり、パーソナルメッセージを入れたり、全く違う内容にすることもできます。

また、2通目のメールを送るタイミングも選べます。多くのマーケティング担当者は1日後に再送信しますが、それが早すぎる場合は、数日後、あるいは1週間後に再送信することをお勧めします。

注:再送信は控えめに。あまり頻繁に再送信すると、受信者にスパムをしているように思われ、配信率が低下する可能性があります。

リエンゲージメントキャンペーンを行う

先ほど、定期的にアクティブでない購読者のリストを削除することが重要であるとお話しました。

しかし、削除する前に、最後のチャンスとなるリエンゲージメントキャンペーンを実施してみてはいかがでしょうか?

メール自動化ツールを使って、しばらくメールを開封していない購読者を自動的にリエンゲージメントキャンペーンに追加するワークフローを設定することができます。

このようなキャンペーンでは、あなたのビジネスをもう一度見てもらうための一連のメールを送ることができます。その際、「会いたかった」というメッセージでリードし、ある種の限定オファーを提供することで、再びメールを受け取ってもらうことができます。

もしそれが失敗した場合は、「[名前]さん、私たちからの連絡にまだ興味がありますか?

その中で、しばらくメールのやり取りをしていないため、すぐに配信停止になることを伝えましょう。うまくいけば、考え直してもらえるかもしれません。

その時点でもまだ相手がメールに興味を示さないようであれば、配信停止になることを伝える最後のメールを送り、ワークフローに追加してリストから削除することもできます。

価値あるコンテンツを配信する

メールの開封率を上げることが目的であれば、本文の内容はどうでもいいと思うかもしれません。

ここまで来れば、もうメールは開封されているのですから。

そうではありません。

メールの実際の内容はやはり超重要です。というのも、もし誰かがメールを開封し、その中に価値を見出せなければ、次に送るメールを開封してくれる可能性は低くなってしまうからです。

一方、すべてのメールに価値のあるコンテンツを配信すれば、次回以降もメールを開封してもらう理由が生まれます。その結果、開封率はずっと高くなるでしょう。

価値あるコンテンツを配信するための1つの方法は、宣伝的なコンテンツを送りすぎないことです。送信するメールの大部分は、娯楽的/教育的/情報的であるべきです。

何かを売りつけようとするのではなく、読者が欲しがるものを無料で提供すべきです。面白い話、役に立つブログ記事、面白いビデオ、その他何でも構いません。

モバイル向けにメールを最適化する

10~20年前は、デスクトップが王様でした。

しかし最近では、ほとんどの人がスマートフォンでメールをチェックしています。

残念なことに、多くのマーケターがデスクトップと同じ戦略をとっています。小さな画面では見栄えのしない、膨大なテキストを送信しているのです。よくありません。

モバイル向けにメールを最適化することで、開封率はもちろん、その他の重要な指標やKPIも向上するはずです。

最新のメールマーケティングソフトウェアを使えば、モバイル最適化は簡単です。ほとんどのプラットフォームがレスポンシブデザインに対応しており、あらゆるサイズの画面で見栄えのする美しいテンプレートを提供しています。

スパムのトリガーを避ける

ここまで、開封率を上げるためにすべきことについてたくさんお話してきました。最後に、やってはいけないことも見ておきましょう。

一番やってはいけないことは、まやかしの件名を使うことです。

例えば、メールの件名の最初に「Re:」を追加することは、魅力的です。

受信者が送ったメールへの返信のように見えれば、メールを開いてくれる可能性が高くなると考え、多くのマーケターがこのような戦術をとっています。

そして、それはおそらく真実でしょう。しかし、このような欺瞞的なおとり商法は、スパムフィルターの引き金になるため、やはり意味がありません。

欺瞞的な件名を頻繁に使うと、ISPのブラックリストに載る危険性があります。少なくとも、送信者のレピュテーションスコアが著しく低下し、配信率が低下します。

そして、この記事の冒頭ですでにお話ししたように、配信率の低さは開封率の低さと相関関係があります。

せっかく長い時間をかけて作成したキャンペーンが、スパムフォルダに直行するような事態は避けたいものです。

その他にやってはいけないことは以下の通りです:

  • 不正なIPアドレスからメールキャンペーンを送信する。あなたの送信者IPが、過去にスパムを送信した他の誰かに使われていた場合、送信者の評判が下がります。
  • 乱雑なコードを使用する。メールの作成に使用するコードは、クリーンな状態に保ちましょう。
  • コンタクトが登録解除しにくいようにする。これはスパムの引き金になりやすいだけでなく、あなたからの連絡を望まない多くの購読者を抱え込むことになり、開封率にも悪影響を及ぼします。
  • スパムの引き金となる言葉を使う。クリアランス」、「ディスカウント」、「購入」など、過剰なセールスワードやフレーズを使用する。
  • メールリストを購入したり、レンタルする。メーリングリストは常にオーガニックに作りましょう。メールリストの購入やレンタルは規制やガイドラインに反するだけでなく、あなたのブランドに興味を示していない人にメールを送ることになるため、必然的に開封率が低くなります。

最後に

以上で、メールの開封率を上げる方法についてのガイドは終わりです。

メールマーケティングが簡単だとは誰も言っていませんが、この記事でご紹介したメールマーケティングのコツに従えば、平均以上の開封率を獲得できる可能性は十分にあります。

開封率が高ければ高いほど、メールキャンペーンは成功し、ROIも向上します。

About Me

ブログの効果を最大化しようというブログ。まずは情報を集めて載せていきます。試して修正して発展させていきます。こんな時代なので基本は海外から集めて海外で試そうと思います。日本の収益が上がって還元できるようになれば、いや〜、最高です。

「メールマーケティングの開封率を上げる16の実証済みの方法(2023年ガイド)」への1件のフィードバック

コメントする